認定される条件とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

上肢機能障害上肢機能障害に関してですが、これはどのような条件がそろったときに後遺障害と認定されるのでしょうか。一番大事なことと言えば、関節機能がダメージを受けた原因、つまりは器質的損傷が確認できるかどうかなのです。これは、診断書といった記載事項では難しいとされており、事故直後に撮影されたMRIを含んだレントゲン画像により、軟部組織が損傷を受けているかが確認できなければなりません。それに加えて、交通事故が痛みに関連しているかどうかということも重要な要素になってきます。痛みは事故のすぐ後から症状がみられるようなものもありますし、時間経過によって発生するようなものもあります。痛みが出た段階で医師に告げることが大事となります。

また、症状固定と言われる治療を続行しても回復する見込みがない場合には、神経マヒ、関節の変形や融合、組織が損傷を受けるといったものがはっきりと確認できなければなりません。上肢機能障害の認定基準ですが、一番症状が軽いものの場合、12級の1つの間接が機能障害になるといったものから、1級の両上肢が全廃したもの、関節が全く動かない、稼働率10%以下、手指全部を廃したものといったものがあります。こうした点を理解して、弁護士に依頼をすることが正解だともいえます。

上肢機能障害とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故に遭うと、色んな体の部分に痛みが生じてしまいます。軽いものもありますし、入院しなければならないほどの大けがも時にはあると思います。
交通事故によって生じる後遺障害というものがあるのですが、これには等級があります。(参考→交通事故後遺障害等級認定/弁護士法人アディーレ

障害の内容によって等級は細かく分かれているのですが、その中でも、上肢機能障害を負ってしまった場合についての紹介をします。

上肢機能障害上肢機能障害というのは、肩、手首、肘、手指などの間接が思うように動かない、習慣性脱臼、動揺関節といったような、関節機能に伴う損傷のことを言います。肩の骨折によって、じん帯など軟部組織、神経系などを損傷してしまうことにより、しびれやマヒなどが起こり、上肢機能障害が発生すると言われているのです。加害者と交渉する際には、治療中の段階であっても診断書を担当医に作成してもらうケースがあります。後遺障害と分かるまでの期間ですが、事故が起こってから半年から2年くらいの時間がかかります。認定されるまでには時間がかかりますし、治療の経過によっては障害が進むことも考えられるのです。慰謝料については、どうしても専門的な知識が必要になってきますから、出来るならば弁護士に依頼するといった対策を取ることが大事となります。

交通事故での障害について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故2人のうち1人は一生のうちに交通事故に遭うと言われています。交通事故というのは、いつ起こるか分からないものですが、この事故によって様々な障害を負う可能性があります。ニュースでも放送されることがしばしばあるのですが、仮に後遺症が残るようなことが合った場合、未来が先行き不安定になるかもしれません。もちろん、程度にもよりますが、後遺症が残った場合には、生活への影響も大きなものとなってしまいます。もしも働き手がいなくなってしまった場合は、生活費はどうなるのでしょうか。そのように考えればとても大きな問題だと言えるでしょう。

もしも被害者になってしまったというのであれば、多額の慰謝料を請求するしかないでしょう。それでしか、先の不安を打ち消すことはできないとみても良いからです。加害者としては、1日でも早く示談に持ち込みたいと思うところもあるはずです。交通事故による加害者が持っている申し訳ないという気持ちは本当のものでもあると言えます。もしも自分が被害者の立場だと考えるとしたら、出来る限り早めに解決をして前を向きたいと思うはずなのです。被害者との交渉をスムーズに進めることが出来れば、示談の際の裁判の心証も良くなりますし、罪状が軽くなる可能性もあるのです。

双方が納得いくような形になるようにしたいところですが、なかなかそうはいかないのが本当のところでもあります。途中で断念もしたくなるほどのものですが、最後まできちんと向き合っていくようにしたいところです。まずは上肢機能障害について説明していこうと思います。