認定される条件とは

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

上肢機能障害上肢機能障害に関してですが、これはどのような条件がそろったときに後遺障害と認定されるのでしょうか。一番大事なことと言えば、関節機能がダメージを受けた原因、つまりは器質的損傷が確認できるかどうかなのです。これは、診断書といった記載事項では難しいとされており、事故直後に撮影されたMRIを含んだレントゲン画像により、軟部組織が損傷を受けているかが確認できなければなりません。それに加えて、交通事故が痛みに関連しているかどうかということも重要な要素になってきます。痛みは事故のすぐ後から症状がみられるようなものもありますし、時間経過によって発生するようなものもあります。痛みが出た段階で医師に告げることが大事となります。

また、症状固定と言われる治療を続行しても回復する見込みがない場合には、神経マヒ、関節の変形や融合、組織が損傷を受けるといったものがはっきりと確認できなければなりません。上肢機能障害の認定基準ですが、一番症状が軽いものの場合、12級の1つの間接が機能障害になるといったものから、1級の両上肢が全廃したもの、関節が全く動かない、稼働率10%以下、手指全部を廃したものといったものがあります。こうした点を理解して、弁護士に依頼をすることが正解だともいえます。